作成者別アーカイブ: nagoyatrouper

幻想劇団まほろ『熔けない』

Print

幻想劇団まほろ『熔けない』の稽古場にお邪魔させて頂きました。

稽古場に入ると所属の役者さんはもちろん、たくさんの学生俳優が入り乱れて稽古に取り組んでおられました。

劇団名に『幻想』と入っているだけあって、演出も心なしか儚さを感じるような動きを付けられていました。

学生劇団とは集大成になるということです。特典も豊富で作品以外の部分でも色々楽しめそうです。

●花西イオリさん(作・演出)、樺井ももさん(演出助手)の話

――幻想劇団まほろは普段どのようなお芝居をされているのでしょうか。

花西イオリさん(以下花西):コンセプトとして『幻のような現実』というものがあって、日常にありそうで非現実的な話が多いです。

――前回公演とは作演出の方が異なっていますが、公演毎に作演が変わるのも劇団のコンセプトにあるのでしょうか。

花西:脚本はわたし以外にも書きます。それぞれが書きたい時に書いて演じたい時に演じる形を取っています。

――今回の作品を書こうと思われたきっかけを教えてください。

花西:全体的な話の軸として『愛』を掲げていて、そこには与える愛とか求める愛とか、自己愛が強い人とか、そういう色々な愛があって、その人達の人間模様を描きたいと思って書きました。その辺は回替わり特典の『キャラクター設定資料』というものに全部書く予定でいます。

――特典が凄いですね。『特別短編小説』とかもありますね。

花西:今ちょうど書き始めた所です。

――演出的にこだわっている点はありますか。

花西:過去と現在が入り混じっている話なので、過去は過去の空気感が際立つように、現在はミステリーとして緊張感のあるように演出を付けています。まほろは心の動きについてよく議論をしていて、心の動きを矢印で書いていって、役者さんと共有してという感じです。心の動きだけは解釈違いが起こらないようにしています。それは脚本の段階でもそうで、案を色々な人から貰って、むしろわたしは原案なんです。

――当書きなのでしょうか。

花西:当書きではないです。最初にプロットを出して、その後にオーディションワークショップを開催して、イメージに合う人を選びました。

――本公演の見所を教えてください。

樺井ももさん:まほろはそれぞれ正しいと思う人達が混じり合うという作品が多くて、今回も誰に視点を置くかで感じ方は変わると思うんですけど、全員が正しいと思ったことをやっていく中ですれ違いが起き、それがどう結論に結び付くかを楽しみにして欲しいです。

花西:今回は持ち帰られる特典を付けたいと思いまして、アフターイベントが無い回には必ず特典が付いています。リピートも大歓迎です。また、まほろとしては学生劇団として集大成となるので、多くの方に観て頂きたいと思います。ミステリーにちゃんと挑戦するのは初めてなので、見守って頂き、それぞれに感じて受け取って貰えたらと思います。

+++++

幻想劇団まほろ『熔けない』

作・演出:花西イオリ
会場:G/PIT
日時:2017年11月17日(金)~19日(日)
出演: 福田真也(劇団バッカスの水族館)、佐藤美輝(名古屋大学劇団新生)、小森ひなた(南山大学演劇部「HI-SECO」企画)、藤岡侑真(名城大学劇団「獅子」)、そーや(幻想劇団まほろ)、森夏音、高見大輔、藤井紫音、永山幸一(名古屋大学劇団新生)、白崎手毬、鈴音こうし(幻想劇団まほろ)、野々垣真帆(愛知教育大学演劇部劇団把゜夢)、加上蒼、遠野なずな、高山真代

詳細はこちら
https://mahorofantastic.jimdo.com/