咲田とばこ さん

035

佃さんから、バトンを受け取りました、咲田です。

佃さんからの質問ですね・・
「家事とかちゃんとやりますか?」
・・うーん、これは、きっと、できる人に見えないからこういう質問が出ましたね。
ご想像通り、苦手です。家事。あ、でもやりますよ、一応主婦なので。
「得意料理は何ですか?それは美味しいですか?いつかどこかで食べることは出来ますか?」
・・得意料理は無いです。・・まあでもさすがに、一応主婦を十何年もやってますので、たまに成功して、これは美味い!と夫(コヤマアキヒロ)に褒められることもありますが、次回同じ物を作っても必ずしも成功するとは限らないから不思議です。ホント、苦手なんですよ…。料理に関しては、日々、夫から厳しいダメ出しを受けております。うーん、いつかどこかで佃さんに食べてもらえるよう、今日から猛特訓しようかな。

自己紹介が遅れました、劇団ジャブジャブサーキットの咲田とばこです。
小学2年の時の担任の先生が劇団員であったため、幼少の頃から日常とともに演劇があり、学校は休んでも稽古は休むなと叩き込まれました。高校では演劇部、アングラっぽい劇団、新劇っぽい劇団などを経て、現在は日常会話っぽいSFミステリー劇の劇団におります。とはいえ、10代の頃は、まさか自分がこんなに長く演劇を、しかも役者を続けることになろうとは思ってもいませんでした。大変なあがり症でしたので。
30年前、声優学校の一日体験入学で、憧れの野沢雅子さんから、「あなたは舞台の方が向いているかも」と言われ、真剣に舞台を目指す決意をした、と思います、確か。
“とばこ”は、劇団九月の影にいた時の名。“咲田”は劇座にいた時に尊敬する女優・山田昌さんにも相談してつけた名です。
多くの方々とのご縁があり、こうして今まで続けて来られました。コメディからシリアスもの、一人芝居と、常に挑戦し続けております。
岐阜市出身、名古屋市在住。かれこれ20年くらい名古屋に住んでますが、稽古は岐阜でしたりするので、名古屋と岐阜を行ったり来たりの日々を続けています。役者ですが、劇団では制作もやったりしています。
そういえば、制作担当の方って、料理上手の方が多い気がしますね・・。ジャブジャブサーキットではいっさい、炊き出しは致しません。あ、最近、公演中には代表のはせひろいちが自ら、みんなのご飯を炊いてくれます。きっとこれって、珍しい劇団じゃないですかね・・。

今年の出演予定です。
★劇団ジャブジャブサーキット「しずかなごはん」
5月7日~8日 三重県文化会館・小ホール
6月4日~5日 大垣市スイトピアセンター
*11年前に、七ツ寺で上演した作品の再演ですが、私はその時と役が変わってます。
この役をやると、痩せます。

★刈馬演劇設計社PLAN-10「猫がいない(仮題)」
6月17日~19日 七ツ寺共同スタジオ
*刈馬君の作品に初めて客演させて頂きます。ドキドキしてます。

★劇団ジャブジャブサーキット 新作公演
7月28日~31日 七ツ寺共同スタジオ 
10月 大阪:ウイングフィールド
11月 東京:ザ・スズナリ
*長ーいタイトルの新作です。そろそろチラシを製作しなくてはいけませんね。

★愛知トリエンナーレ2016 七ツ寺共同スタジオ参加企画
「ホタラ綺譚余滴」
9月24日~25日
*念願の、火田詮子さんと共演させていただきます、朗読劇です。

佃さんには、先日の長久手市文化の家でありました“劇闘”で3人芝居の演出をして頂きました。佃さんの演出、楽しかったです!やっぱり佃さんはスゴイです。「距離」「位置」「ボリューム」ですか、なるほど。
その前にご一緒したのは12年前で、お互い役者で3人芝居をやりました。その時はまだ一応30代だったけど、私。

なんか、劇闘の時の飲み会で、オイスターズの中尾君から、とばこさん何歳になった何歳になったとしつこく聞かれましたが、まあ、上記から察してくださいね。

さて、で、次の方ですが、いろいろ迷ったあげく、質問してみたい人にします!
私はよく、変わった人だねと言われましたが(そういえば最近は言われなくなった気がする)、そんな私が、不思議な人だなぁと思う今枝千恵子さんにお願いします。
・趣味は何ですか?
・役者をやる上で、日頃から心がけていることはありますか?
・二度目のクセックさんへの客演ですね、調子はどうですか?

以上、よろしくお願いします。